ポチの他愛のないひとりごと集です。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風邪にご用心…長文です
リュウが初めて熱を出しました。
その何日か前から咳鼻の症状はあったんですが、ついに発熱。

2月20日
37度台に突入した為、大学病院の救急外来に行ってきました。ところがあまりいい先生ではなく、なんか長時間勤務のせいなのかちょっとイライラ気味の対応。こちらの質問に怒るような返答。診察室から出たポチ達はちょっと不機嫌。

薬を貰うとき、看護師さんが「ちょっと種類が多いんですが…」
薬の量を見てギョッ!夜間救急外来だから1日分だったんですが、何この分厚さ。薬の飲み方の説明を聞いているうちに何が何だかわからなくなってきたので、「えっと、この薬とこれを一緒に混ぜるんですよね?」と聞くと「いや、これとこれを混ぜてください」
混乱中のポチ。
それで何とか帰宅しました。結局処方されたシロップ達は嫌がって飲みませんでした。

2月21日
いつも行っている医者が今日は休診。仕方ないので別の医者で診察を受けました。診察の結果、普通の風邪で重くはないということでした。薬も処方されたんですが、なんと1種類。やっぱり大学病院、薬出し過ぎ!!
これで一安心かと思いました。

ところがこの日の夜、38度に迫る勢いで熱が上昇。だんだん首、手足が熱くなってきました。セカンドオピニオンじゃないけど、明日かかりつけの医者に行って改めて診てもらおうということになりました。

2月22日
午前中にかかりつけの医者に行ってきました。
ここでも普通の風邪との診断が出ました。そして、昨日処方された薬も持参して行ったら、その薬と合わせて飲めるように新たに別の薬を処方されました。
これで一安心。

ところが夕方になったらリュウが急に大人しくなって食欲もあまりない。熱を測ったら…38度9分…!?さすがにちょっと焦り始めました。夜に坐薬を入れて様子を見ました。初めての坐薬ということもあってみるみる熱が下がって37度前半。

でも夜中の看病でポチシロ二人ともダウンは避けたかったので、別部屋に寝ることにしました。今日はポチとリュウが一緒の部屋。
リュウがだいぶ落ち着いた感じでスヤスヤ寝始めたのでポチも仮眠を取ることに…

その夜、リュウの「ぎゃぁー」という声で目が覚めたポチ。最初はあまりの眠さにすぐには目を開けられなかったんですが、いきなりポチの頭の上で「ゴトゴトガタガタ!」ものすごい音がしました。リュウは円錐形の積み木を回して遊ぶことをよくやるので、夜中に目を覚ましてそれを始めたかと思って「リュウ、寝なさい」って言いかけました。
よく見たら、頭の上に置いてあったリュウの水筒を取ろうとしていたようでした。熱が出て喉が渇いたんでしょう。ポチは飛び起きてリュウに「お茶を飲むか?」と聞いたら、リュウは「うん」というので、水筒のキャップを外してリュウの口元に持って行ったら…寝てやがる。
仕方なくリュウを座らせて「リュウ、お茶だよ」って言ってもスヤスヤ状態。
リュウを横にならせ、ポチは暗闇の中一人リュウの水筒を持って放心状態。とにかく疲れました。

2月23日
またお昼くらいに39度近い熱があった為、坐薬を入れましたがこれで坐薬は品切れ。もしかしたらインフルエンザかも…と思い、夕方だったのでまた救急外来へ。
今度担当の先生は女性でなかなかいい先生でした。
結局検査の結果、インフルエンザは陰性という結果が出てホッとしました。薬も坐薬を処方されただけで、今までもらった薬で様子を見ることになりました。

今は37度チョイで少し落ち着いています。明日はどうなるのか心配ですが…

それにしても医者三昧の4日間、ポチシロも疲れましたが、一番疲れたのはリュウかも知れないですね。

ポチ

コメントはこちら

スポンサーサイト
Copyright © ポチのひとりごと. all rights reserved.

カスタマイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。