ポチの他愛のないひとりごと集です。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神様のお礼参り
つい最近、リュウがお腹の風邪にかかり2週間以上下痢が続きました。熱も39度まで上昇。食事もおかゆ。点滴2回。ようやく治りましたが、一時は本当に治るのかどうかが正直不安で、夜中も「お腹痛い~!」って起きるほど。

その風邪もすっかり良くなって、一昨日の3日にいつも毎年お参りしている神様にお礼に行きました。
そこは東京から中央高速で約2時間のところ。先日もある事情で高速に乗りましたが、料金1,000になった関係で大渋滞。
高速の渋滞はずっと座席に縛り付けられている子どもにとって苦痛な時間。ある程度は我慢させられますが、まだ数キロ先にあるパーキングまでの間にどうにも我慢できなくなってしまって大騒ぎということがよくあったので、今回は一般道で向かうことにしました。

高速より約1時間半、余計に時間はかかりますが好きなところで休憩や気分転換が出来るので精神的に楽ですね。津久井湖回りで牧馬峠を通って上野原へ。
ようやく神社へ到着。

この時期、かなり厚着をしていないとかなり寒い。そこの神社は鳥居をくぐると140段の石段を登ります。上がり始めて早々にリュウが「抱っこ」 ここで抱っこはキツ過ぎでしょう。当然、自分の足で登らせましたが、よろけながらも結構頑張って登ってましたよ。
そして神様にお礼参りを済ませてから境内で少々休憩。今度は帰りの140段。行きよりも帰りの方が正直怖い。でも頑張ってリュウは往復できました。

そんなこんなで帰りも来た道を帰ります。リュウもシロも爆睡。疲れたんでしょう。

結局、燃料費は高速で行った時と殆ど同じ。違うのは高速料金が無かったことと時間が倍近くかかったことです。

疲れたけど見どころありで楽しいお礼参りでした。

ポチ

コメントはこちら
スポンサーサイト
Copyright © ポチのひとりごと. all rights reserved.

カスタマイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。