ポチの他愛のないひとりごと集です。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選挙
今日は衆議院選挙がありました。

ポチも当然行ってきました。

でも投票所は例年になくかなりの混雑。

はじめてみる光景で、行列が出来ていました。

さすがに今回の選挙は皆さん関心が高いと見えて、今まで棄権されていた方々も来られたのだなと思いました。
特に小さいお子さんを連れてのお父さんお母さんの姿が目立ちました。
でも蓋をあけてみてビックリ。投票率が低く過去最低に近いと聞きびっくりしました。

結果も原発事故があってから初めての選挙だったのに
自民が圧勝…?
さすがにそれは信じられません。まさか不正(裏で投票結果が操作されてる)が行われているのでは?

ポチは原発や戦争(憲法改悪)に反対する党に一票投じて来ました。

皆さんはどうでしたか?

ポチ

久しぶりに…
先週の金曜日、またあの東日本大震災を思い出させるような大地震が起きました。

あの地震で皆さんは大丈夫でしたでしょうか?

ポチはあの日、高校時代の音楽友達と演奏会へ行く予定でした。

久しぶりに友人とコンサートの話が出てお互いの都合を合わせて行くことになったんですが、まさかそのタイミングで地震に遭遇するとは夢にも思っていませんでした。

結構焦りましたよ、あの揺れは…。

これから演奏会だって言うのに…。

地震による電車の遅れはそれほどではなかったんですが、しかし踏切内に人が立ち入ったことによる遅れが大きかったようです。

友だちと待ち合わせるため駅改札に立っていたら、行き交う人たちの会話の殆どは先ほどの地震のこと。

勿論、ポチも友だちと合流した時の第一声は「さっきの地震は怖かったね」

場所は大井町きゅりあん。

ラ・フランスコンサートということで、ホール入口には山形県特産のお米やジュースを販売する地元の方々が沢山いらっしゃいました。

指揮者は飯森範親さん。オーケストラは山形交響楽団の皆さん。

ソプラノは半田美和子さん、テノールは西村悟さん。

飯森さんは地震で遅れて来る方々のために、演奏開始時間を5分遅らせることを会場にいる方々に告知されました。

そして演奏会開始。

最初はモーツァルトのフィガロの結婚序曲。

とても息の合った演奏で、しかもサウンド的にも素晴らしい演奏でした。

楽器の配置はコントラバスがヴァイオリン側の最後部で、ティンパニーは本来コントラバスがいる位置という感じでした。

2曲目からはオペラの小品です。

間に声楽の方の小休止なのかビゼーのカルメン間奏曲が演奏されましたが、それ以外はソプラノとテノールが交代でステージへ登場。

途中、指揮者の方とテノールの方がステージへ出てきて拍手が止む頃に、地震の影響で遅れてきた方が一生懸命自分の席に着こうとしていました。

その方の席はステージから3~4列目だったかな。

その列は既に満席で、その方はどうもその列の中央のようでした。

その間、指揮者の方を始め出演者の方々は待っていまして、その方が着席された時に指揮者の飯森さんがその方に対して「よろしいですか?」と軽く会釈。

会場内から笑い声が出るという何とも微笑ましい瞬間もありました。

曲目は

モーツァルト/モテット「踊れ、喜べ、幸いなる魂よ」より「アレルヤ」

ドニゼッティ/歌劇「愛の妙薬」より「人知れぬ涙」

ロッシーニ/歌劇「セビリャの理髪師」より「今の歌声は」

チレア/歌劇「アルルの女」より「フェデリコの嘆き」

マーラー/歌曲集「リュッケルトによる5つの歌」より「私はこの世に忘れられ」

ヴェルディ/歌劇「リゴレット」より「女心の歌」・「さようなら、希望と魂よ」

ソプラノとテノール、両者とも迫力があって歌に引き込まれる感じのとてもいい歌でした。

時々客席から「ブラボー」の声が上がりました。

そして小休止。

後半の曲目は

シューマン/交響曲第3番変ホ長調「ライン」

こちらも迫力があって素晴らしい演奏でした。

演奏会が終わって、ホール入口では指揮者の飯森範親さんがサイン会をされていましたのでポチもお願いしました。

少々地震の不安はありましたが、久しぶりに生演奏を聴けてとてもよかったです。

ポチ

今年も残り僅か…
明日から師走ですね。

早いですね。

毎年この時期になると考えなきゃいけないことは、年賀状作りです。

ポチもそろそろ頭の片隅にそのことが引っかかってきました。

勿論、名簿も整理しなければいけませんが、何より年賀状のデザインです。

昔はただコピーした音符などを散りばめて、干支には全く関係ないポチオリジナルの年賀状を作っていたことがあります。

さて、今回はどういうデザインにしよう。

悩むところです。

そうだ、インクも買わなくては…

ポチ

天国へ…
本日、愛犬まーぶるが天国へ行きました。

まーぶるが生まれたのは2002年12月29日。

我が家へ来てからたくさん遊びました。

持病の股関節脱臼も克服しいろいろ大変でしたが頑張りました。

2011年終わりごろから再び足の具合が悪くなり、治療はしていたんですが4本全ての足が殆ど動かない状態に…

2012年はじめに寝たきりの状態になってしまいました。

それでもまーぶるは超元気。

餌も良く食べ、食器はいつも洗ったかのようです。

ここ2~3日前からグッタリ。

いつもは玄関に来客があると「ワンワン」吠えていましたが、今はその気力はありません。

昨日の夜から容体は急変。

目は開いているが動かず、餌をあげても反応はありません。

声をかけると尻尾を振ってくれたり、出ない声を一生懸命出そうとして返事をしてくれます。

そして今日(10月25日)。

朝はまだ少し息をしていました。

11時頃もまだ息があり、一生懸命動こうとしていました。

しかし、昼ごろになったら全く動かなくなってしまいました。

手でお腹の辺りを触っても呼吸の感じはありません。

2012年10月25日、どうやら旅立ってしまったようです。

昔、何かの番組でペットのお線香は人間と格が違うため、人間の線香の先を1センチほど折ってやるといいと聞いたことがあるので、それでお線香を立てて手を合わせました。

今は葬儀の方に遺体を引き渡してしまい、まーぶるがいたスペースもきれいに掃除しました。

もう来客があってもまーぶるの吠える声は聞こえません。

今までどうもありがとう。

ポチ

運動会へ…
昨日、リュウの幼稚園の運動会へ行ってきました。

天気は晴れ…ではなく曇で、しかももしかしたら降るかも知れないという空。

肌寒い中、運動会が始まりました。

リュウは今年年長さん。

幼稚園の運動会はこれが最後なので子どもも親も力が入ります。

さすが年長ともなると競技などがより高度になって来ます。

応援する親も真剣です。

そして保護者が参加する競技もあるんですが、毎年2つあって1つは綱引きでもう1つはバケツと玉入れの玉を使った競技です。

ポチは毎年綱引きに参加。

もう1つの競技はシロが参加…だったんですが、シロは只今腰を痛めてしまって保護者席から見るのが精一杯な状況。

なので、急きょポチが2つとも参加ということになりました。

綱引きで既にクタクタのボロボロ…。

参加賞としてウィダーインゼリーを頂き、今飲みたい…。

そしたら雨がついに降り始めました。

本降りではなくパラパラ程度でしたが、でも雲の状況からするとこれから先が不安です。

年長の親としてみたら、毎年盛り上がる年長さんのリレーは是非見たい。

何とか天気が持ち堪えて欲しい。

その願いが叶い、最後のリレーです。

子どもたちも親も今までにないくらいの熱の入り方。

特にアンカー登場で親の方が大絶叫。

シロも腰の痛みを暫し忘れて応援に熱が入っていました。

そして閉会式。

勝者は白。リュウは赤。残念でしたが頑張ったのでそれでよし。

毎年そうなんですが、ここの幼稚園は勝敗に関係なく園特製の金メダルが園児たちみんなに配られます。

言うなれば、参加記念というところでしょうか。

そんなこんなで運動会が終了。

クラスの集合写真を撮って解散。

今日は、親子共々お疲れ様でした。

ちなみに今日、体中が痛いポチです。

ポチ
Copyright © ポチのひとりごと. all rights reserved.

カスタマイズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。